アルケミーで洗顔する

アルケミーのメイク落とし

メイクアップリムーバージェル

肌にのせると、心地よく肌になじむジェルタイプ。

アルケミーのメイク落としはオイルの層がいくつも重なっていて、それはミルフィールの様。

このミルフィーユ構造が、力を入れずにメイクオフできる秘密なんだとか。

ジェルの中にはミクロサイズの粒子が入っているので、気になる毛穴の奥まで汚れをかき出してくれます。

アルケミーは、メイク落としにも酵母発酵エキスベガルが配合されています。

保湿成分でメイクオフなんて、贅沢ですよね。

香りはフレッシュフローラル。

メイクアップ リムーバー ジェル 130g

通常価格 3,500円+税

 

アルケミーのメイク落としなら、一日の終わりにメイクも汚れも優しくとれてしまうそうな感じがしますよね。

ミルフィーユ―のようなオイルの層があるなんて、メイク落としでは初めて知りました。

メイクオフって大事ですからね。

汚れは全部キレイにしつつお肌への潤いは残さないと、お肌が傷つく一方になってしまいます。

良く挙げられているのがオイルクレンジングによる肌荒れ。

オイルクレンジングって、メイクとの馴染みも早くて、クルクルマッサージしていると角栓まで取れたりしますよね?

この角栓までスッキリできるパワーが、肌には強すぎたりする場合があるんですね。

美容の本をのぞいてみると、「最近、自分は敏感肌と思っている人が多いが、生まれながら敏感肌の人はかなり少数」と出ていました。

スキンケアを行っていく中で敏感肌になってしまう人が多い、と言う事なんですね。

そして、この敏感肌へのプロセスの中で挙げられているのが「オイルクレンジングの弊害」なんです。

オイルクレンジングはメイクと一緒にお肌の潤いまで取りすぎてしまい、使っているうちに肌を傷つけ、肌のターンオーバーを早めてしまう場合があるそうです。

お肌のターンオーバーという言葉は、聞いたことがあるかもしれませんが、「お肌の細胞の生まれ変わり」の事です。

お肌の細胞って一定の周期で生まれ変わっているんですね。

古い細胞は押し上げられ、やがてはがれ落ちていくので、その時にシミも一緒に排出されたりします。

ターンオーバーは、年齢と共に遅くなったりするのでシミなどのトラブルも定着しやすくなるという訳です。

話を元に戻すと、ターンオーバーが早まってしまうと、まだ準備のできていない未熟な細胞が肌の表面にでてくることになり、そこで様々な問題が起きてしまうそうなんです。

毎日メイクをして、毎日メイクオフをしている方は、メイクオフが肌への負担になっていないかもう一度確認してみて下さいね。

アルケミーなら、保湿成分たっぷり、力を入れずにメイクを浮かせることができるので、お肌への負担をかけずにすみます。

トライアルセットで、是非使い心地をためしてみてくださいね。